酵素玄米 炊飯器 比較

MENU

話題の酵素玄米、自宅で炊ける炊飯器を比較してみた!

健康美容に絶大な効果があると話題の「酵素玄米」。
波留さん、吉瀬美智子さん、石原さとみさん等、多数の綺麗な女優さんが主食を白米から酵素玄米に置き換えているという事で一気に広まった「酵素玄米」。

 

 

しかし、玄米を美味しく食べるには、家庭用の炊飯器では難しく、圧力鍋で炊くのが一般的ですが、酵素玄米専用の炊飯器が数多くリリースされ、今は自宅でワンタッチで炊けるものへと変わってきています。

 

 

酵素玄米は自宅で炊ける!ただし手間は想像以上。

私も30代半ばになり、美容健康への意識が高まった事もあり、「酵素玄米」に興味を持ちました。
圧力鍋で炊き、保温ジャーで3日寝かす。
このやり方で酵素玄米をスタートしました。

 

 

しかし、働いている身である為、中々骨の折れる作業なわけです。
長岡式酵素玄米の講習会を受け実践してきた為、基本的には1度の炊飯で1升炊くのですが、やはり下ごしらえと蒸らしを考えると、2時間は取られてしまいます。
一人暮らしなら週に1度の1升炊きでローテーション出来るのですが、夫婦二人で主食にするとなると、1週間持ちません。

 

 

ですから、やはりワンタッチで酵素玄米が完成する酵素玄米炊飯器は魅力的なわけです。
ただ、玄米専用の炊飯器に限らず、最近の炊飯器って高いですよね。
そこで今回は人気に専用炊飯器を徹底定期に比較しました。
その内容を共有出来ればと思う、本サイトに情報をまとめてみました。

 

 

酵素玄米の炊飯器を比較してわかったポイント

  • 家電屋さんに並んでいる炊飯器は玄米を前提として設計されていない。
  • 炊飯器の性能が高まり、概ね機能は横並びである。
  • 2代目の炊飯器として購入を検討する必要がある。

 

以上の3点です。

 

 

家電屋さんに並んでいる炊飯器は玄米を前提として設計されていない。

パナソニック、象印といった炊飯器で人気のメーカーにものを調べていると、「酵素玄米」のキーワードに全く触れられていないわけです。
メーカーさんに問い合わせると「白米を炊く前提で設計されている為」との回答でした。
特に酵素玄米は塩を使いますし、3日以上寝かせる前提ですので、釜がそういった使い方を前提としていないというわけです。

 

 

炊飯器の性能が高まり、概ね機能は横並びである。

次に、酵素玄米を炊く前提で設計されている、いわゆる酵素玄米専用炊飯器をピックアップし、それぞれの機能を調べた所、まあ見事に横並び。
価格も性能もまあ似通っています。
あとは自分が求めているライフスタイルにどれがマッチするか。
ここが非常に重要なポイントです。
つまり、炊飯容量=家族構成、他の機能(ベーカリー等)、デザイン、マイコン式がIH式がなどですね。

 

 

2台目の炊飯器として購入を検討する必要がある。

酵素玄米を導入し最初に気づくのが「3日寝かせて完成する」という点です。
炊飯後寝かせておくわけですから、前に作った酵素玄米を保温用に使用する炊飯器に逃がし、そして次の酵素玄米を炊くという運用になってきます。
家族構成によっては、炊飯量や保温ジャーの容量を考えておかなければ日々酵素玄米を食べる事自体が難しくなるわけですね。

 

 

酵素玄米の炊飯器比較ランキング

 

比較表

 

1位

なでしこ健康生活

 

なでしこ健康生活

 

マイコン式の酵素玄米炊飯器です。
炊飯器の品質として重要な釜ですが、ダイヤモンドコーティングです。
熱伝導率にも優れていますが、耐久性。
やはり超高圧で炊飯するという点、塩を入れて炊き3日寝かすという点からも、非常に重要なポイントですね。
また、各性能が酵素玄米炊飯器のスタンダード的な位置づけであり5万台の販売実績(酵素玄米炊飯機シェア第1位。)
いわゆる失敗のないタイプです。

 

 

2位

CUCKOO New圧力名人

 

CUCKOO New圧力名人

 

IH式の酵素玄米専用炊飯機です。
こちらも内釜はダイヤモンドコーティングです。
しかし、内釜の外側がチタンコーディングになっています。
酵素玄米炊飯器の中で一番高級な釜を使用しています。
チタンには意味があって、IH式という事で電磁波を吸収し熱エネルギーに変換させる為に採用しているんですね。IHに抵抗がない方へはオススメです。
また、IH式は熱のコントロールが容易である為、高性能です。

 

 

3位

酵素玄米Pro2

 

酵素玄米Pro2

 

マイコン式の酵素玄米炊飯器です。
テレビなどで酵素玄米を知った方であれば一度は見た事のある炊飯器ではないでしょうか。酵素玄米炊飯機の先駆けです。故に芸能人の方が使用されているケースが多く、テレビなどに露出した回数も多いですね。
当時ダントツであった性能に他社が追いつき、今はやや出遅れている印象です。
ベーカリー機能がない点等。その分最軽量です。
釜はフッ素コーディングですが、内釜を買い換える際も安価で済みます。
ですから、後継機種のリリースが気になる所です。

 

 

まとめ

  • 失敗のない無難な選択としては「なでしこ健康生活」がおすすめ
  • 性能重視でIH式が気にならない方は「CUCKOO New圧力名人」がおすすめ。
  • 一人暮らしの方であれこれ機能を求めないのであれば最軽量コンパクト型の「酵素玄米Pro2」がおすすめ。

 

 

玄米が体に合わなかった方や無理なくダイエットしたい方等、酵素玄米で劇的に生活が変わるとおもいます。
手間はかかりますが、今は炊飯器でワンタッチで炊ける時代になりました。
ぜひ酵素玄米の効果に触れてみて下さい^ ^